包茎ってどんな病気?


包茎ってどんな病気?

包茎という病気をご存知でしょうか? と少し唐突な質問ですが、包茎を知らないという人はあまりいないでしょう。日本では包茎という病気の認識率は非常に高いのです。 しかし、認識率こそ高いのですが、実際に包茎という病気を正しく理解している人は多くはありません。 包茎とはどのような病気なのでしょうか?
包茎は“陰茎が包皮を被っている”という状態を示します。これは広義の意味の包茎であり病気としての包茎とは大きく異なります。 病気としての包茎は“勃起時の痛み”や“性交の痛み”、“排尿困難”などの症状が現れたものです。何らかの症状のある包茎であれば包茎治療には保険が適応され、 1~2万円程度で治療を行うことができます。一般的な包茎手術は局部麻酔によって行われるので、身体的な負担も少なく日帰り手術で治療を行うことができます。 包茎は病気としての治療よりも、コンプレックス克服のための手術が多く行われています。一般的に仮性包茎と呼ばれる症状では手術の必要は無いのですが、 コンプレックス克服のために美容整形手術を行うことがあります。仮性包茎に対しての包茎手術には保険の適応が無い“自由診療”であることから20万円前後の費用が必要です。 コンプレックス克服のための包茎手術は自由診療であるということから、悪質なクリニックでは高額な治療費を請求するという被害があります。 このような悪質な包茎治療の手法は“包茎治療詐欺”と呼ばれています。自由診療で包茎治療を行う場合には信頼できるクリニックを選びましょう。
【特集】
管理人が推奨するのはこちらの包茎専門クリニックです。診察代、薬代、アフターケア代が全て込みの値段なので安心です・・・包茎



ページTOPへ